Apple Musicの無料試用期間が終了後、購読しなくてもダウロードした曲が継続して聴き続ける!?

Home > Apple Music > Apple Musicの無料試用期間が終了後、購読しなくてもダウロードした曲が継続して聴き続ける!?

By adminUpdated on November 24, 2021


要旨
Apple Musicの無料試用期間は3か月です。プランを継続し続けないとApple Musicにダウロードした曲が聴けません。Apple Musicの無料試用期間が終了後、購読しなくてもダウロードした曲が継続して聴き続ける方法知りたいですか?この記事では、無料体験期間でも、Apple Music から曲をダウンロードしてオフラインで再生できる方法をご紹介します。

Apple Musicは定額音楽ストリーミングサービスです。Apple Musicの料金プランには、月額980円の個人プランと最大6人まで利用できる月額1,480円のファミリープラン、学割月額480円の学生プラン3つがあります。始めは3か月の無料試用期間があります。無料試用期間中はApple Music ライブラリに数千万以上の曲が聴き放題、オフラインで聴くため曲をダウンロードなどの全機能を利用できます。

ですが、無料試用期間後、最初に選択したプランに従って料金が自動的に支払いします。もちろん、自動支払い前に購読をキャンセルすることはできますが、Apple Musicは会員に登録している場合にのみ使用できるため、キャンセル後にApple Musicを使用して曲を再生することはできません。また、ダウンロードした曲はDRM保護を持つため、ダウンロードした曲はApple MusicやiTunes以外のアプリに再生できません。

なら、どうすればApple Musicの無料試用期間が終了後、購読しなくてもダウロードした曲が継続して聴き続けるでしょう?この問題を解くため、この記事はApple Musicの無料試用期間が終了後も確実に曲が継続して聴き続ける方法をご紹介します。

Apple Musicの無料試用期間が終了後も確実に曲が継続して聴き続ける方法

確実にApple Musicの無料試用期間が終了後も曲を聴き続ける方法は——UkeySoft Apple Music変換ソフトを使うことです。このソフトはApple Music音楽のDRMを解除する同時に、MP3、M4A、AC3、AAC、AIFF、AU、FLACなどの常用音源形式に変換します。そして、ID3タグと曲の品質を100%保持することもできます。変換した曲はDRM制限なしの曲で、パソコンに保存していますので、Apple Musicの無料試用期間が終了後購読しなくてもダウロードした曲を聴き続けることができます。

UkeySoft Apple Music変換ソフト主な機能:

  • Apple Musicの曲のDRMを解除します。
  • Apple Musicを購読しなくてもApple Musicの曲を聞き続けます。
  • Apple Musicの曲をMP3、M4A、AC3、AAC、AIFF、AU、FLACなどのに変換します。
  • ID3タグと曲の品質を100%保持します。
  • 変換した曲はパソコンに保存します。
  • 変換したApple Music曲はiPhone/Androidスマホ、MP3プレーヤー、ソニーウォークマン、PSP、iPodなどの任意デバイスに再生することができます。

下記は、UkeySoft Apple Music変換ソフトを使ってApple Musicの曲を変換する手順です。まずは、UkeySoft Apple Music変換ソフトをインストールし、起動してください。

ステップ1.UkeySoft Apple Music変換ソフトをインストールして起動します
まずは、UkeySoft Apple Music変換ソフトをインストールし、起動してください。 UkeySoftを起動すると、iTunesが自動的に起動し、すべてのiTunesメディアにプレイリストが読み込まれます。

変換ソフトを起動

ステップ2.Apple Musicトラックを追加する
変換するiTunes Musicの曲またはプレイリストを選択し、左側のプレイリスト名をクリックして、右側のプレイリスト内のすべての曲を表示します。この場合、1つまたは複数の曲を変換する場合は、曲の前にあるチェックボックスをクリックして変換できます。または、上部のチェックボックスをクリックしてプレイリスト全体を選択することもできます。

曲を追加

下の検索ボックスに曲名、アーティスト名、アルバム名を入力して、変換したい曲を検索することもできます。

ステップ3.MP3出力フォーマットをMP3に選択します
デフォルトでは、プログラムはデフォルトの出力形式としてMP3を使用します。 その他M4A、AC3、AAC、AIFF、AUまたはFLACを選択することもできます。Macバージョンは、Apple MusicからM4RおよびMKAへの変換もサポートしています。 また、メタデータエディタの「オプション」を使用すると、出力メタデータと、タイトル、アーティスト、アルバム、カバー画像、トラックID、レコードIDなどを変更できます。

出力形式を設定

ステップ4.Apple Music MP3変換を開始します
「変換」ボタンをクリックして、選択したApple Musicの曲をMP3に変換し、変換プロセス中にApple MusicのDRMを自動的に削除します。したがって、DRMフリーのMP3形式の音楽を入手できます。

変換を開始

ヒント:変換プロセス中、iTunesはバックグラウンドでApple Musicの曲をサイレントに再生します。変換が完了するまで、iTunesを使用しないことをお勧めします。

変換が完了したら、[出力ファイルの参照]ボタンをクリックして出力フォルダーをすばやく開き、DRM保護なしのMP3音楽ファイルを取得できます。

まとめ

これは、Apple Musicを購読しなくてもダウロードした曲が継続して聴き続ける方法です。変換したApple Music曲はもう自由に利用できますので、iPhone/Androidスマホ、MP3プレーヤー、ソニーウォークマン、PSP、iPodなどの任意デバイスに再生することができます。さらに、Apple Musicを購読中でもこのソフトを利用して、Apple Music の曲を自由に変換できますので、ぜひソフトをダウンロードして使ってみましょう。

無料試用期間が終了後もApple Music曲が継続し聴き続く

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright © 2022 UkeySoft Software Inc. All rights reserved.