Apple Music からダウンロードした曲を CD に焼く方法

Home > Apple Music > Apple Musicの曲をCDに焼く方法

By adminUpdated on February 08, 2022


要旨
Apple MusicはCDディスクに書き込みませんか?この記事では、Apple Musicの曲またはプレイリストをMP3 CDまたはオーディオCDに書き込み、車のCDプレーヤーでApple Musicを再生できるようにする2つの簡単で高速な方法を説明します。

Apple MusicをCDに焼く

Apple Music とは

周知のように、Apple Musicは世界最大なストリーミング音楽サービスの1つです。ただし、これらのファイルを所有しているわけではありません。著作権の悪用を防ぐために、サビース内の曲はDRMによって保護されています。つまり、曲は他のアプリやデバイスに再生することができません。さらに重要なことには、Apple Musicストリーミングカタログからダウンロードされたすべてのコンテンツが保護されているため、CDに焼いだり、Apple Musicのアカウントに認可されていない他のデバイスに保存したりすることができません。なら、保護されているApple Music曲はCDに焼くことができないですか?いいえ、できます。DRMという制限を解除するには変換ソフトを使用すれば、 Apple MusicをMP3、その他の通常的な形式に変換することで、DRMの壁を打ち破ってから、Apple MusicをCDに焼くことができます。本記事では、Apple Music曲はCDに焼く簡単な方法をご紹介します。

まずはApple Musicを簡単に紹介します。Apple Musicはサブスクリプションの音楽ストリーミングをグローバルでの放送したような番組と組み合わせ、アーティストとファンを結びつけるソーシャル機能を備えています。 この他にもApple Musicの音楽ライブラリーは9000万曲を保有しており、確かな曲目リストは異なるにも関わらずSpotifyと同じです。Apple Musicでは、曲を保存してオフラインで聴くことができ、デバイスでのストレージスペースが十分あれば、任意の数の曲を保存できます。しかし、上記の通りApple MusicはDRMによって保護されています。一番有効な方法はUkeysoft Apple Music 変換ソフトを使って、Apple Music曲のDRMを解除し、ダウンロードすると思います。

Apple Musicの曲をCDに書き込むにはどうすればよいですか?

ご存知のとおり、すべてのApple MusicトラックにはDRM保護が追加されているため、Apple Music AACオーディオファイルをCDに直接書き込むことはできません。 Apple Musicの曲をiTunesライブラリにダウンロードしても、iTunesを使用してApple Musicの曲をCDに直接書き込むと、「Apple Musicの曲であるためディスクに書き込むことができません」という警告メッセージが表示されます。 では、なぜiTunesを使ってApple MusicをCDに直接書き込むことができないのでしょうか。 これは、Apple Musicからダウンロードされた曲がDRMで保護されたM4Pファイルであるためです。したがって、Apple Musicの曲をCDに書き込む場合は、最初にApple Musicの曲をMP3形式に録音または変換して、Apple Musicの曲(.MP3ファイル)を直接CDに書き込むことができるようにする必要があります。次に、Apple MusicをMP3に変換する2つの方法を紹介します。

方法の1、Apple Musicの曲を録音し、CDに書き込む

最も簡単な方法は、サードパーティの録音ツールを使用してApple Musicの曲を録音し、それらをMP3ファイルに保存することです。 ここでは、AisessSoft スクリーンレコーダー、VLC Media Player、QuickTime Player、Windows Media Playerなどの無料または有料のApple Musicレコーディングツールをいくつかお勧めします。PCまたはMacでの簡単な録音プロセスはiTunes/ Apple Musicアプリを使用してApple Musicトラックを再生する場合は、録音ツールを使用してApple Musicの曲を録音し、MP3形式で保存します。 次に、iTunes、Windows Media、またはサードパーティのCD書き込みソフトウェアを使用して、MP3曲をCDに書き込みます。

短所:録音ツールを使用したApple Musicの曲の録音は最も遅く、音質が悪いため、録音するには各曲を再生する必要があり、時間がかかります。さらに悪いことに、録音された曲の音質は元の曲よりも大幅に悪化します。下げると、保存された曲にはID3タグがないという通常のMP3オーディオで確認されます。したがって、録音はお勧めしません。

方法の2、Apple Musicの曲をバッチ変換し、CDに書き込む

Apple Musicの曲はAppleのDRMコードで暗号化されているため、CDに直接書き込むことはできません。唯一の回避策は、Apple Music DRMを復号化し、Apple Musicの曲をMP3などのCD互換形式に変換することです。その後、Apple MusicファイルをCDを空にして、CDバーナーでディスクに書き込みます。Apple Musicの曲とプレイリストをMP3にバッチ変換する方法を教えましょう。

事前準備

  • UkeySoft Apple Music 変換ソフトと最新バージョンのiTunesをコンピューターにダウンロードする
  • CDドライブを備えたコンピューター
  • 焼く可能なディスク

Ukeysoft Apple Music 変換ソフトは多くの機能を備え、且つ安全なサードパーティのソフトウェアであり、それを利用すれば、Apple Musicの曲をCDに容易く焼いて無制限で聴くことが実現できます。Ukeysoft Apple Music変換ソフトはMP3、M4A、AAC、FLACなど多様な出力形式を用意しています。また最大16倍の変換スピードにアップできます。

Apple MusicをMP3形式に変換すると、曲名、アーティスト、アルバム、日付、カバー画像など、曲のすべての情報が保存されます。さらに、ID3タグを編集したり、Apple Musicの曲をMP3プレーヤーにコピーして無料で再生したりできます。一度に複数のApple Musicの曲をバッチ処理して、元のApple Musicのロスレスオーディオ品質を100%維持できます。 機能、転送品質、効率の点で、通常の録音ソフトウェアよりもはるかに優れています。

UkeySoft Apple Music変換ソフトの他の機能:

  • Apple Music、iTunes M4P曲、オーディオブックからDRMを合法的に解除します。
  • Apple MusicをMP3、M4A、WAV、AAC、AC3、AIFF、AU、FLAC、M4R、MKAフォーマットに変換し、100%オリジナルの品質を保持します。
  • ライブラリの管理を改善するために、ID3タグと元のデータを残します。
  • 最新のiTunesおよびApple Musicソフトと完全に応じています。

Apple Musicの曲をCDに焼く手順

ステップ1.焼きたい歌をiTunesライブラリに追加
下の図に示す方法に従って、iTunesに曲を追加したり、曲リストまたはアルバム全体を追加できます。

add Apple Music songs to iTunes library

ステップ2. UkeySoft Apple Music 変換ソフトを起動します。
コンピュータでこのソフトウェアを起動します。 このソフトが実行されると、iTunesは自動的に起動するので、予めにiTunesを起動する必要はありません。

launch UkeySoft Apple Music Converter

ステップ3.iTunesの音楽をロードし、MP3フォーマットに変換する歌を選択
iTunesのプレイリストがポップアップ画面に表示されます。 ライブラリではAppleの音楽をすべて見ることができます。MP3に変換する音楽を追加する場合では、1曲の歌あるいは多くの歌を変換したい場合は、曲の前にあるチェックボックスをクリックすることによって完成されます。または一番上のチェックボックスをクリックすることで、プレイリスト全体を選択できます。

select apple music to convert

ステップ4.出力フォーマットとしてMP3を選択
変換する前に音楽の出力フォーマットを設定する必要があります。 下のボタンをクリックして、ポップアップ画面でMP3フォーマットを選択できます。 また、AAC、M4A、FLAC、その他必要なフォーマットを選択することもできます。

MP3という出力フォーマットを選択

変換をのスピードをアップするには、メニューバーという「オプション」をクリックして2列目の調整速度スクロールバーをドラッグして出力速度の速度をカスタマイズし、変換速度を1回から16回まで調整できます。

adjust conversion speed

ステップ5. Apple MusicをMP3に変換
左上隅に変換アイコンボタンがあります。クリックすると、すべてのApple MusicがMP3に変換されます。 変換が完了すると、変換されたApple Musicファイルが出力フォルダーに見つかります

Apple Music DRMを解除開め

Apple MusicをMP3に変換または録音した後、Windows / MacコンピュータでApple Musicの曲をCDに簡単に書き込むことができます。

Windows Media PlayerまたはiTunesを使用して音楽をCDに書き込む

上記の2つの効果的な方法は、Apple MusicからMP3に曲を変換/録音できます。では、どのようにして独自のカスタム音楽CDを作成しますか? 必要なのは、Windows Media PlayerまたはiTunesまたは無料のCD書き込みプログラムと、CDバーナーを備えたパソコンだけです。 変換されたApple Music(.MP3)をCDに書き込む方法にまだ慣れていない場合は、以下をお読みください。Apple MusicをCDに書き込む簡単な2つの方法を紹介します。

Windows Media Player を使って、Apple Music の曲を CD に焼く方法

Windows Media Playerは、無料の音楽プレーヤーであるだけでなく、CDやDVDの書き込み機能も組み込まれているため、変換されたApple Music音楽(.mp3)をCDに簡単に書き込んで、カーステレオやその他のCDで使用できます。プレーヤーでプレイするのはとても簡単です。詳細な手順は次のとおりです。

ステップ1:空のCDまたはDVDをCD / DVDドライブに挿入します。 ドライブがCD-RWまたはDVD-RWであることを確認してください。「W」は書き込み可能を表し、ディスクに情報を書き込むために必要です。

ステップ2:Windows Media Playerを開き、右ペインの[書き込み]タブをクリックします。 空の書き込みリストが表示されます。

Windows Media Player を使って、Apple Music の曲を CD

ステップ3:ライブラリから書き込みたいファイル(音楽、ビデオ、写真)を見つけて、書き込みリストにドラッグします。

ステップ4:[書き込み開始]をクリックします。 書き込みが完了すると、ディスクは自動的にポップアップされます。

Windows Media Player を使って、Apple Music の曲を CD

ヒント:これらのフルサイズ(12 cm)の記録可能なディスクは、CD-R、CD-RW、DVD + R、DVD + R DL、DVD + RW、DVD-R、DVD-RWで動作します。

iTunes を使って、Apple Music の曲を CD に焼く方法

Windows Media Playerを使用してApple MusicをCDに書き込むだけでなく、WindowsおよびMacユーザーが利用できるiTunesを使用してApple MusicをCDに書き込むこともできます。 詳細な手順は次のとおりです。

ステップ1。 iTunesを開き、新しいプレイリストを作成し([ファイル]> [新規]> [プレイリスト]をクリック)、名前を付けて、変換されたこれらのApple Musicの曲をプレイリストにドラッグします。

ステップ2.空のCDディスクを挿入し、ディスクが認識されるまで待ちます。

ステップ3.プレイリストを選択し、[ファイル]> [プレイリストをディスクに書き込む]を選択します。

ステップ4.ディスクフォーマットを選択し、[書き込み]をクリックします。 その後、iTunesはApple Musicの曲からCDの書き込みを開始します。

刻录Apple MusicからCDに

ヒント:これらのディスク形式は通常のCDプレーヤーで再生できるため、「データCD」ではなく「オーディオCD」または「MP3 CD」を選択してください。

Apple Musicの曲をCDに焼く方法

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright © 2022 UkeySoft Software Inc. All rights reserved.