Apple Musicのサブスクをキャンセルした後でもApple Watchで音楽を再生する方法

Home > Apple Music > Apple Musicのサブスクをキャンセルした後でもApple Watchで音楽を再生する方法

By adminUpdated on January 29, 2022


要旨
現在Apple Watchで音楽を楽しむほうがより便利だと思います。Apple Musicのサブスクをキャンセルした後でもApple Watchで音楽を再生したいですか?この記事では、サブスクをキャンセルしでも、Apple Musicから曲をダウンロードし、Apple Watchで同期してオフライン再生する方法をご紹介します。

Apple Watchは、アップルから2015年4月24日に発売された腕時計型のウエアラブル端末です。この端末には携帯電話通信機能、GPS、高度計などの機能を内蔵した新世代端末です。そして、Bluetoothヘッドフォンとコネクトすると、Apple WatchでもApple Music を楽しめます。iPhoneで音楽を聴くより便利だと思います。

さらに、Apple Watch Series 3 以降では、Wi-Fi やモバイルデータ通信に接続して、Apple Watch本体でApple Music を聴くことができます。iPhone がなくてもApple Watch にプレイリストを同期して楽しめることができますが、でもまだApple Musicのサブスクを必要です。Apple Musicのサブスクをキャンセルすると、Apple Music は Apple Watch で再生することができなくなります。そこで、Apple Musicをダウンロードして変換する必要があります。本記事では、この方法を実行できる方法をご紹介します。この方法を使えば、Apple Musicのサブスクをキャンセルした後でもApple Watchで音楽を再生できます。

Apple WatchでApple Musicを再生するための最良の方法

UkeySoft Apple Music変換ソフトは、ワンストップの音楽ダウンロードおよび変換ツールです。 Apple Musicの曲やプレイリストをダウンロードして、MP3 / M4A / WAV / FLACやその他の一般的なオーディオソース形式に変換できます。 ハイライトは、Apple Musicのサブスクをキャンセルしても、曲をダウンロードして永久に保存できることです。ダウンロードした曲は品質が低下することはなく、Apple Musicの曲は最大16倍の速度でバッチダウンロードできます。このようにして、MP3形式で変換されたApple Musicの曲は、iPhoneを必要とせずに、オフラインで再生するためにApple Watchに転送できます。

主な特徴:

  • iPhoneがなくてもApple WatchでApple Musicの音楽をオフラインで転送して再生できます。
  • 曲、アルバム、プレイリストをApple MusicからPCに簡単にダウンロードできます。
  • 品質を損なうことなく、Apple Musicの音楽をMP3、AAC、WAV、FLACに変換します。
  • Apple Music曲を最大16倍の速度でバッチダウンロードし、ID3タグを保持します。
  • Apple MusicのサブスクをキャンセルしてもApple Watchで音楽を再生できます。
  • iPhone/Androidスマホ、iPod nano / shuffle、PSP / PS4、MP3プレーヤー、ソニーウォークマン、その他のデバイスでApple Musicのオフライン再生をサポートします。
  • Apple Musicの曲をCDに簡単に書き込むことができます。

パート1:Apple Musicの音楽を変換する

ステップ1. UkeySofy Apple Music変換ソフトを起動
UkeySofy Apple Music変換ソフトをパソコンにインストールします。起動すると、iTunesも自動的に起動します。ソフトウェアを使用するときは、iTunesから音楽情報をロードする必要がありますので、iTunesを閉じないでください。

変換ソフトを起動

ステップ2.変換したいApple Musicの曲を選択
プレイリストからPCにダウンロードしたいApple Musicの曲を選択します。選択する時は、左側のプレイリスト名をクリックして、右側のプレイリスト内のすべての曲を表示します。複数の曲を一括選択することも可能です。この場合、曲の前にあるチェックボックスをクリックして変換できます。または、上部のチェックボックスをクリックしてプレイリスト全体を選択することもできます。

曲を追加

ステップ3.出力形式を設定
出力形式リストからMP3を選択します。通常出力品質のデフォルト形式はMP3ですので、特に必要が無ければ変更する必要がありません。出力ファイルの保存先も自由設定することができます。

出力形式を設定

ヒント:オプションのデフォルト形式はMP3ですが、M4A、FLAC、AIFFなどの形式にも変換できます。さらに、出力品質、コーデック、ビットレート、サンプルレート、およびチャネルもカスタマイズできますので、とうぞお好きなように変換してください。

ステップ4.Apple Musicの曲をダウンロード開始
「変換」をクリックして、Apple Musicの曲をPCにダウンロードします。ダウンロード完了後、その曲はMP3ファイルとして出力フォルダに保存されてます。

変換を開始

パート2:Apple Watch にApple Music音楽を追加する

Apple Watchに音楽を保存するには、iPhoneで変換されたApple Music音楽を同期する必要があります。

ステップ1 まず、iTunesでApple Watch 用のプレイリストを作成してください。iTunes で変換済のApple Music曲をiPhoneに転送して、プレイリストを作成します。

ステップ2 iPhoneでApple Watchアプリを起動し、Bluetoothをオンにします。

ステップ3 「ミュージック」>「追加 ミュージックを追加」の順にタップします。続いて、同期したい曲またはプレイリストを選択します。

変換されたApple Musicプレイリストが同期完了したら、Apple Watchに音楽を聴くことができます。

Apple WatchでApple Musicを再生する方法

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright © 2022 UkeySoft Software Inc. All rights reserved.