Apple Musicをキャンセルしても曲を保持する方法

Home > Apple Music > Apple Musicをキャンセルしても曲を保持する方法

By adminUpdated on August 11, 2021


要旨
「Apple Musicの購読を解約したい、でも解約して有効期間が終了すると好きな曲はすべてなくなります。曲をなくしたくないです。どうしたらApple Musicをキャンセルしても曲を保持できるでしょうか?」本記事は、Apple Musicをキャンセルしても追加した曲を保持でき、オフラインでも聴ける方法をご紹介します。

「Apple Music」(日本)は2015年7月1日に配信開始されました。その数千万曲の洋楽と邦楽が聴き放題可能とお気に入りの曲をダウンロードし、オフライン再生できる機能は、あっという間に日本トップストリーミング音楽サービスの1つになりました。しかし、これらの機能を使用するにはApple Musicの購読を参加する必要があります。そして、聴き放題とは言え、曲を所有するではないので、もし購読をキャンセルすると、追加した曲は再生できなくなり、最悪の場合は曲全体がなくなります。では、どうすればApple Musicの購読をキャンセルしても追加した曲を保持でき、オフラインでも聴けるでしょうか?

そこで今回は、Apple Musicの購読解除後もマイミュージックの曲を保存してオフラインで再生できる方法をご紹介いたします。

Apple Musicの購読利用と料金について

Apple Musicで楽しむには、購読を参加する必要があります。Apple Musicの購読に参加すると、Apple Music のラジオステーションを聴く、Apple Music ライブラリにある数千万以上の曲が聴き放題でき、Apple Music のコンテンツを自分のライブラリに追加、オフラインで聴くためにダウンロードする機能も利用できます。

お申し込みの際は、「個人(月額980円)」と家族で最大6人まで利用できる「ファミリー(月額1,480円)」の2種類から選択することができます。さらに、4年制大学・大学院に通う学生の方は、月額480円でApple Musicを50%割引で利用できます。

新会員は最初3か月の無料トライアルがありますが、無料トライアルが終了時が自動的に更新され、 アカウント設定で自動更新をオフにするまで毎月課金されます。

Apple Musicをキャンセルしても曲を保持できる一番有効な方法

Apple Music購読を解除後、マイミュージックに追加した曲を残すためには、UkeySoft Apple Music変換ソフトを使用することが一番有効な方法だと思います。これは優秀なWindowsまはたMac 用のApple Music 変換ソフトです。このソフトを使えば、Apple Music の音楽を MP3、AAC、WAV、FLACなどよく使われる音楽形式に変換できます。たとえApple Musicの購読がキャンセルしても、曲のID3タグを保留のままパソコンに永久保存し、任意デバイスでオフライン再生を楽しむことができます。

主な機能:

  • Apple Musicをキャンセルしてもマイミュージックに追加した曲を保持できます。
  • Apple Musicの曲をMP3、AAC、WAV、FLACなどのよく使われる形式に変換します。
  • 変換速度が最大16倍になれます。
  • バッチ変換機能搭載、音源ファイルをいくつでも変換できます。
  • 曲のID3タグを保留のままパソコンに永久保存し、任意デバイスにオフライン再生できます。

ガイド:Apple Musicから追加した曲を変換し、保持する

ステップ1.UkeySoft Apple Music変換ソフトを起動します
パソコンでUkeySoft Apple Music変換ソフトを実行すると、iTunesが同時に開きます。 プログラムは、曲、プレイリスト、アルバム、オーディオブックなど、iTunesライブラリのすべてのコンテンツをロードします。

変換ソフトを起動

ステップ2. 変換したいApple Musicトラックを選択します
「プレイリスト」をクリックして、変換するライブラリに追加された曲を見つけます。変換したい曲の前にあるチェックボックスをクリックするだけで大丈夫です。またはすべての曲をバッチ変換したい場合は、一番上のチェックボックスをクリックすることで、プレイリスト全体を選択できます。

トラックを選択

ステップ3.出力形式を設定します
デフォルトの出力形式であるMP3に加えて、プログラムはM4A、AAC、AC3、AIFF、AU、FLAC、M4R、MKAなどの他の一般的なオーディオファイルも出力できます。さらに、音楽ファイルの音質と出力フォルダをカスタマイズすることもできます。MP3はほとんどのプレイヤーやデバイスを対応し、ファイル容量が小さくて保存しやすいので、この形式に変換するのがおすすめです。

出力形式を設定

ステップ4.Apple MusicからMP3への変換を開始します
「変換」ボタンをクリックして、 Apple MusicからMP3への変換を開始します。 すべてが完了したら、「出力ファイルを開く」をクリックして、変換されたApple Musicの曲はすでにMP3形式に変換したことを見つけます。

変換を開始

これで、たとえApple Musicの購読をキャンセルしてもこのUkeySoft Apple Music変換ソフトというApple Music変換ソフト使えば、Apple Musicの曲をMP3またはその他のオーディオ形式に変換した後、WindowsやMacパソコンに永久保存でき、MP3プレイヤー、iPhone/Androidスマホ、ウォークマン、iPod nanoなどの任意のデバイスに簡単にオフライン再生できます。さらに、Apple Musicの曲をCDに書き込むことができますので、ぜひやってみてください。

Apple Musicをキャンセルしても曲を保持

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright © 2022 UkeySoft Software Inc. All rights reserved.