iTunesライブラリをMP3に変換する方法

Home > Apple Music > iTunesライブラリをMP3に変換する方法

By adminUpdated on February 14, 2022


要旨
iTunesで保護されたファイルを変換したいですか?iTunesライブラリをMP3に変換したいですか?この記事では、iTunesライブラリ(Apple Musicの曲を含む)からMP3に変換する方法をご紹介します。こうすれば任意デバイスでiTunesライブラリの曲をオフライン再生できます。

パソコンに大きなiTunesライブラリがある場合、移動に時間がかかりすぎるため、ライブラリを別のデバイスに移動するのは面倒です。これらの曲を再生するには、デバイスにiTunesアプリがインストールされている必要があります。ただし、iTunesライブラリのすべての曲を他のプレーヤーやデバイスで簡単に再生したい場合は、iTunes Storeから購入するすべての曲がAAC形式であるため、使用できるほとんどのメディアプレーヤーと互換性がありません。したがって、iTunesの曲をさまざまなメディアプレーヤーで利用できるようにする場合は、ほとんどのオーディオプレーヤーとデバイスをサポートするMP3形式に変換するのが最善の方法です。

したがって、次のセクションでは、2つの簡単な方法でiTunesライブラリをMP3に変換する方法を紹介します。

内容

iTunesの曲をMP3に変換する理由

MP3はユビキタスでポピュラーな音楽フォーマットであり、非常に人気がある主な理由は、急成長しているデジタル音楽の時代に登場したことです。人々がMP3で音楽を共有することに熱心だった後、MP3プレーヤーの出現により、MP3は明らかに音楽をストリーミングするための最初の選択肢です。そして、MP3が人気を維持しているもう一つの理由は、基本的に誰にとっても「無料」であるということです。MP3は、以前は音楽ブランドにライセンス料を要求していましたが、ほとんどの場合、混乱した管理のために報われませんでした。 そのため、音楽リスナーやブランドはますますMP3を使用しており、その人気は今でも高まっています。MP3形式は、オーディオ形式の品質が向上しているため、最高品質のオーディオ形式ではありませんが。ただし、対応するデバイスの範囲が広いため、iTunesの曲をMP3に変換するのに適した方法です。

方法1:iTunesまたはApple MusicでiTunesライブラリをMP3に変換する

曲が保護されていない場合は、WindowsにインストールされているiTunesまたはMacのApple Musicを使用して、iTunesライブラリの曲をMP3に簡単に変換できます。

WindowsでiTunesライブラリをMP3に変換する方法
まず、WindowsコンピュータでiTunesを使用してiTunesライブラリの曲をMP3に変換する方法を見てみましょう。

1. iTunesを開き、[編集]> [設定]> [一般]> [設定のインポート]に移動します。 [使用するインポート]オプションを[MP3エンコーダー]に設定します。 以下で変換品質を設定することもできます。

2. [OK]をクリックして、iTunesライブラリに戻ります。 MP3に変換する曲をクリックしてハイライトします。 次に、[ファイル]> [変換]> [MP3バージョンの作成]をクリックします(一度に複数の曲を変換する場合は、最初の曲を選択し、キーボードのShiftキーを押しながら、変換する最後の曲を選択します)。

MacでiTunesライブラリをMP3に変換する方法
Macパソコンをお持ちの場合は、Apple Musicアプリを使用して変換できます。 以下の手順を参照してください。

1. Apple Musicアプリを開きます。 メニューバーから、[音楽]> [設定]ボタンを選択します。

2. [ファイル]> [設定のインポート]> [MP3エンコーダー]ボタンを選択します。

3.変換する曲を選択し、[ファイル]> [変換]> [MP3バージョンの作成]を選択します。

方法2:iTunesライブラリ全体をMP3に変換します(Apple Musicの曲を含む)

iTunesライブラリの曲がApple Musicサブスクを通じて追加された場合、実際にはその音楽を所有していません。 これは、ダウンロードした曲では何もできないことを意味します。 これらの曲をMP3に変換しようとすると、保護されたファイルを変換できないことを通知するプロンプトがポップアップ表示されます。

ただし、UkeySoft Apple Music変換ソフトを使用すると、すべてのiTunesライブラリをMP3にダウンロードして、パソコンに保存できます。 これらの曲は、iTunesやApple Musicがなくてもどのメディアプレーヤーでも再生できます。

直感的なインターフェイスを備えたUkeySoft Apple Music変換ソフトは、保護されているすべてのiTunes、Apple Musicの曲、iTunesオーディオブック、および一般的なオーディオをMP3、M4A、AAC、FLAC、およびその他の一般的な形式に変換するように設計されています。

高出力品質を維持しながら、最大16倍高速(Windowsバージョン)に変換します。 このツールを使用すると、iTunesライブラリからすべての曲の保護を解除して、好きな場所で再生することができます。このソフトウェアを無料でダウンロードし、以下の使用ガイドを見て、操作を試してみましょう。

ステップ1:UkeySoft Apple Music変換ソフトを実行する
パソコンでUkeySoft Apple Music変換ソフトを起動します。 UkeySoft Apple Music変換ソフトのシンプルでわかりやすいインターフェースが表示されます。

変換ソフトを起動

ステップ2.変換するAACファイルを追加する
メインインターフェイスから[変換]というセクションを選択します。 [ファイルを追加]というボタンをクリックして、変換するAACファイルを参照してロードします。 一つのファイルや多くのファイル、またはフォルダー全体を追加できます。

曲を追加

ステップ3.出力フォーマットとしてMP3を選択する
出力形式としてMP3を選択できます。 出力MP3フォーマットを保存するフォルダーを選択することもできます。 AAC、AC3、AIFF、AU、FLAC、M4Aなどの他の出力形式を選択できます。 他の出力フォーマットを選択すると、選択した出力フォーマットに従よってファイルの設定は自動的に調整されます。

出力形式を設定

ステップ4.変換速度を調整する(スキップでき)
ツールバーの「オプション」ボタンをクリックすると、オプションダイアログボックスにいくつかの便利なオプションがあります。 ここで、変換速度を1xから16xに変更できます。

変換速度を調整

ステップ5. Apple Music AACをMP3フォーマットへに変換始めます
上記の簡単な設定が完了したら、「変換」ボタンをクリックするだけで、ソフトは購入したAAC曲をMP3フォーマットに変換し始めます。 完了すると、以前に選択したフォルダに変換されたMP3曲が表示されます。

変換を開始

これで、購入したApple Music AACの曲がMP3フォーマットに変換されました。以下に示すように、すべての曲がパソコンのフォルダーに保存されています。

まとめ

iTunesライブラリをMP3に変換する2つの方法のうち、どちらが好きですか?曲が保護されていない場合は、iTunes、Apple Musicを使用して、iTunesライブラリからMP3に曲をエクスポートできます。曲が保護されている場合は、Ukeysoftを使用してiTunesで購入した曲またはApple Musicの曲をMP3に変換する必要があります。

iTunesライブラリをMP3に変換する方法

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Copyright © 2022 UkeySoft Software Inc. All rights reserved.